« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

新聞をよみながら

P3306851_2

陶器市まであと一ヶ月切りました!!

おおたさんはもちろん、
おくださんもせっせと
制作中です!

「遠くから来てくれるひとに
あれ品切れです、これありません、って訳にはいかんよなー」
「作れるだけ作るでー、時は金なり」


P3306845

タタラ成型は
おくだの担当。

「君は森で、僕はタタラ場で。ともに生きよう」
(アシタカ)

P3306849

タタラ作業に欠かせないのが
新聞紙。
をついつい読んでしまう。

ザワークラウトの作り方がのってる〜


P3306846

ついつい読んでしまう。
ので、
手が止まる!

修業時代も
同じことをして師匠に「新聞読むな!」と怒られ
「そしたら読めない新聞に変えてください!アラビア語とか」
と言い返した記憶があります。


P3306844

震災支援一覧。

おおたさん、これ、どう思う?

モンゴルの防寒着ってぬくそうやなー
サウジアラビアはLPガスかーかっこええなー
トルコのウズラ豆缶二万個
日本人にはハードル高いな〜

P3286829

もう4月、すっかり春ですね。

|

2012年3月28日 (水)

セブンイヤーズ・アフター

陶器市まであと32日!

P3286826

「シティ情報ふくおか」にのせてもらいましたー!

波佐見町特集です。
そうそうたる窯元さんと軒を連ねております。
ありがたやー

「シティ」は九州に来た当初、とっても
お世話になったタウン誌。
ながめながら、九州のいろんな地名を覚えたり、
名物を知ったり。
片手に小旅行もたくさんしました。


P3286843

2005年に出た
「器の町特集」は2冊買って、
大事に保存してました。

私の先輩やら師匠やらがのってて
はーすごいなー
と仰いでいたものです。

(右上。「先行予約忌野清志郎」も泣けます。)
(陶器市は清志郎の命日でもあります。)


P3066615

あの頃はまだ修行中。
7年たって、
自分がのれるなんて。

よかったのう。松原工房。
ありがとうございます、みなさん。

(取材にきてくれたシティ号、とってもかわいいのでパチリ)


|

2012年3月25日 (日)

最近のおおたさん

P3246757

陶器市の準備、がんばってます!
あと34日!

あの屋台、いよいよ
陶器市でデビューするんです。

お手伝いにきてくれたのは
わざわざ福岡から、あず実さん!


P3226731

おおたさんも黙々と、黙々と、
ひたすら作っては焼き、作っては焼きの
日々です。
連日残業なのですが。

「おくださん、悪いけど、
ウチ今日はちょっと早く帰るで」


P3226729

「エエけど、どうしたん」
今日はラテンダンスの舞台に立つねん。
こないだ一緒に踊った米兵のベンは来るかなあ」

「・・おおたさん、忙しすぎて頭おかしなったんか」
「衣装はマリリンモンローみたいなやつやで。真っ赤やねん」
「とにかく今日は早よ帰ったほうがいいで・・」

Photo


ホ、ホンマなんか!!!

「さらに打ち上げで、イカ料理の店にいったらな、
ほかのお客さんに頼まれて余興で踊らされたんや。
イカ料理屋でラテンダンスやで。
しかもBGMがないから、カラオケで中森明菜の曲かけて・・」


おおたさんの底力を甘く見ていました。

|

2012年3月23日 (金)

陶器市がやってくる!

陶器市まであと36日!

P3236733

今年の波佐見陶器まつりのポスター!
めっちゃかわいい!!

P3236739

自分の町のデザインがイケてると
うれしいよな〜

うれしくって陶器まつり協会のひとに
お礼の電話しました。

お店の目立つところに貼りましたよー

P3236738_2

「台拭き」地に食器の柄、人が歩いてる!
読めるデザイン、クスってなるデザイン、
素敵です。

大村市のオムロプリントさんが作られたそうです。

P3236737

ちらしの裏面は例年通りやな・・
絵付け体験は
「イヌ・ネコ・人間様」が出来ます・・


P3236741

勝手にコラボレーション。

松原工房の陶器市は
同じ期間中、
ここ、松原工房で開催いたします!

波佐見陶器まつり会場共々お越しください〜

あ、あさって25日の日曜日は
新婚さんいらっしゃい
再びですよーお忘れなく!

|

2012年3月22日 (木)

ともちゃん卒業です

陶器市まであと37日!

P3186719

春です。
松原工房のアルバイトスタッフ、ともちゃんが
焼き物学校を卒業しました。


P3186722

同時に松原工房も引退です。

一年ありがとう〜


P3186725

お客さんからいただいた
手編みの帽子、忘れずにもって帰りや〜

は〜い、ありがとうございます〜

ともちゃんがかぶるとおしゃれやな〜

ウチがかぶると
なんか・・脳の手術したひとみたいやわ〜

P3186721

月に2、3日くらいのお手伝いだったので
あまりお店にもブログにも
登場しませんでしたが、
真面目なおしごとぶりで修羅場をすくわれたことも
多々ありました。ありがとう!

4月からは陶芸教室のスタッフになるそうです。

P3186723


ともちゃんからのメッセージです。

「初日のバイトが切り干し大根作りという少し不安なスタートでしたが、
本当にたくさんのことを教えていただき、自分で言うのもアレですが、
成長出来たと思います。本当にありがとうございました。」

「おくださんに『オカマ顔やね』と指摘されたことは一生忘れません」


新しい春、がんばりやー
また、いつでも、会おう!


|

2012年3月16日 (金)

マーブルうまくいくか

陶器市まであと43日!

P3096623

陶器市の準備、絶賛開催中!
定時が8時〜22時になりました・・

「ブラック企業にならぬよう、
心のブラックデビルといつも
戦っています」


P3126711

さて、今日は
新製品の試作大会です。


P3126712

いつもの土に
絵の具を混ぜ込んで
青い土をつくりました。
ソフトクリームのミックスのようにする。

P3126716_2

マーブルになるかなー?

P3126717

上手く出来れば
陶器市でお披露目です!

「えひめのタルトみたいやー」


[おしらせ]
波佐見町の隣市、
佐賀県武雄市が震災瓦礫の受け入れを議会で決議しました。
住民無視の強行採決です。
樋渡市長は反対した共産党議員2名を
「この二人は、はっきり言って、議員の資格ゼロです。」
と攻撃。
議会の意味がわかりません。
松原工房は深い悲しみと脱力に包まれています。
しかし今は陶器市の準備がありますし、
怒りの力を正しい方向に使うには
どうしたらいいか、考えています。
きちんと考え、自分たちの考えを伝える必要があります。
松原工房にできることをやります。

|

2012年3月12日 (月)

それぞれの3.11

陶器市まであと47日!
P3116672

きのうの3月11日はいかがおすごしでしたか?
おくだは福岡のデモにいってましたよ!
(おおたさんはお店番。役割べんたんです)

P3116662

福岡天神には長渕つよしもきてくれましたよ!


P3116686

みんな思い思いの格好に
それぞれの思いを込める。

「まるで原宿のごたー」


P3116689

ママ!今日はお店も行くからね!

P3116670

中学生かなー
手づくりのプラカード作ってきました。

P3116679

「日の丸、みどりやんかー」
「バングラデシュの人かもしれんでー」

P3116681

あ!友の会会員さんです!

「150年前の江戸時代は電気、ありませんでした!」

P3116680

お母さんも

P3116687

お兄ちゃんも

P3116683

おっちゃんも
おばちゃんも

みんな自分の声を出しに。


P3116671

あ!博多ぶらぶらだ!!

ぶらぶらがおしゃべりしている!

P3116674

たたずむぶらぶら。

P3116678

仲間が増えたぶらぶら。

脱原発でしかも脱ジェンダー。
男子がピンクぶら。

P3116685

プラカード大賞はこの子たちに決定!

「普段もそれで学校いきなよ〜」
「エ〜〜〜」


P3116709

もうちょっとで友達になれそうでした。


P3116657

おくだはWOMEN IN BLACK、
戦争や暴力に怒りを表す黒ずくめのアクションです。

「抗議行動って生卵投げるんと違うんかいな」


P3116655

バイバイ原発!


P3116692


|

2012年3月10日 (土)

ともに生きよう 3.11

陶器市まであと49日!
P3106643_2

ともに生きよう。3.11

東日本大震災で被災された方々の苦しみや悲しみを
私たちはたやすくわかったり、代わることはできません。
しかし、かたわらにいて「ともに生きよう」と
声をかけることはできます。
あなたと一緒にその言葉を
かけあいたくて、運動を立ち上げました。

あなたの「ともに生きよう」の気持ちを伝えてください。」

このメッセージは
NPO法人ビッグイシュー基金のキャンペーンです。


P3106648

「がんばろう東北」
落ち込んだ人に、
つらいひとにがんばれがんばれってゆうのね。

「一日も早い復興を」
疲れてんのに早くしろ早くしろってゆうのね。

「ともに生きよう」
はじめ聞いた時やさしいことばだと思いました。
でも今はすこし違って聞こえます。
「生きよう」が大きく聞こえます。
「誰も死ぬな」と聞こえます。


ビッグイシューは大阪と東京を中心に、
ホームレスの方が雑誌を販売しています。


P3106650

ビッグイシューから3.11にむけて
カップの制作をご依頼いただきました。

やさしい乳白色に
すべて手づくり、ロゴも手書き。
注ぎ口がついてるので
「ちょっと分けてあげる」ことができるシェアカップです。
特注で、裏に名前が入ります。


P3106654

わたしたちの分までご依頼いただきました。
ありがとうございます!

「カップが作れるようになったんは、砥部のみなさんのおかげです」
「技術的にも松原工房の一年を象徴してます」
「ロゴの手書きは英文1mm以下。過呼吸になりそうでした」
「しかも原画ロゴデザインはHAKUHODO DESIGN社長!」
「なんかすいません・・」


|

2012年3月 9日 (金)

プレイバック・パート2

陶器市まであと50日!カウントダウンはじまりました!
Pc135018

どこまでひっぱる!新婚ネタ!

お知らせです!

松原工房おくだとその夫さのさんが
出場した「新婚さんいらっしゃい」(2012年1月29日放送)が
爆笑総集編として再びオンエアされることになりました!
ありがとうございます!


2012年3月25日(日)12:55〜 朝日放送系列

*放送を見逃した方、ぜひご覧ください!
*DVD貸してくださいとよくいわれますが、
わざわざ郵送するのもどうよ、と恥ずかしいです。
*ユーチューブにアップするべく、
ご近所のヒグチ姉妹とともに格闘しましたが、
デジタル放送のコピーガードの壁は高く頓挫中。
*それにしたって自分でアップするとかどうよ、と恥ずかしいです。
*ので、ぜひ25日を見てください!
*放送内容、放送順番、などはわかりません。

*ご近所のカフェ、ムックさんでは上映会を何回もやってくださったそうです。
ありがとうございました。

|

2012年3月 7日 (水)

北海道さとがえる(4)流氷ロマンチカ

P2206516

最近はな、
寒い季節に寒いとこ、
暑い季節に暑いとこ
行くのが流行ってんねんで。

その地域のくらしを
そのまま見よう、ゆうことやな。

それにしてもオホーツクの2月・・

P2206467

さあ!乗るで!
流氷見学船、ガリンコ号!!

ものすごい楽しみにしてたわ!!

P2206466

えーと乗車定員が200人、
ほぼ満員、一人3000円やから
一回運行で60万円のあがりやな。
一日6便で、燃料費が・・

ようこさん、
すぐそういうの声に出して
ゆうのはやめとき・・


P2206474

わざわざお金払って見に行くもんかなー
元住民やからそんな風に思ってしまうわなー


P2206477

おお..きたで・・

P2206482

きたきたきたー!
リューヒョーーー!!


P2206484

でっかいのきた!!
はるかユーラシア、アムール川から流れてきてんで、
すごいよなー!
アムール!アモーレ!!

P2206492

うわー
きれいやなあ・・

ほんまきれいわあ・・


P2206501

「お金でこんなきれいなもんが見れるんやったら
私はいくらでも働くんだ。」

P2206505

みんな見とれる。
一時間のクルーズ、あっという間です。


P2206520

降りてガックシ。


P2206524

こんなビール飲めます。青いビール!


P2206523

ようこさん、ごまちゃん財布は買わへんのか〜?

ウン、もうアラフォーやし、自粛するわ・・


P2226546

旅は楽しいな。
見たことないものを見て
珍しいものを買って
知らなかったものを食べて
遠くのひとに会える。

一緒にいろんなとこに
いこうよ、さのさん。


P2226545

お土産で〜す。

なんねー、おい、熊のごたー。


北海道旅行記、おつきあいありがとうございました!

|

2012年3月 5日 (月)

北海道さとがえる(3)子どもの村

P2196312

15歳で単身北海道に渡ったさのさんって
すごいと思うんですけど。

いや、子どもの頃から
北海道に出入りしてたんや。

「子どもの村」(当時はひまわり文庫)という
サマーキャンプが滝上にあってな。
それに入り浸ってたんや。

(このケーキは子どもの村の人に作っていただいた
特製木こりケーキ。「小枝」と「きのこの山」がポイント)


P2196314

長年キャンプを主宰してきた
徳村彰氏(おじじ)と杜紀子氏(おばば)。

さのさんの第二のペアレンツ。

キャンプといってもボーイスカウトみたいな
ぴちっとしたのを想像するなかれ。
大自然を野生児の子どもが転がり回る
「放ったらかしワイルドライフ」
だそうです。

「メシは火起こしから。大人は一切手伝わへん。
メシ作らん奴は、飢えるのみやったで。」

都会の暮らしや
人間が人間を管理することに疑問を持った
おじじとおばばが子どもたちと共に
つくりあげてきた共同体です。


P2206397

子どもの村のキャンプ場のそばに
おじじとおばばは住んでいます。

手づくりの家。
電気もガスも来てません。
水道は沢の水。
お風呂とストーブは薪。


P2206407

静かだけど、細胞が活発になるような暮らし。
おじじは都会で暮らしていた40代に余命宣告され、
好きなことをやって死のう、と
子どもの村をはじめたそうです。
現在80歳越えてピンピン生きてます。
森の力です。

P2206423

俺が過ごしたキャンプ場見せるわな〜

今は雪に覆われてるけどな〜

P2206437

あっちがAサイト、ここが朝の集会するとこ。

多いときは一夏に800人くらいの子どもが
おったんやで〜

自由でハチャメチャやったわ〜

あれ、ようこさん?


P2206427

さのさん・・ちょっと・・

P2206428

ちょっとまってー!!

(カンジキはガニマタで歩きます)


P2196294

キャンプ時代からの友で
そのまま滝上で暮らすひとも何人もいます。

「北の野菜屋さん」として定化成無農薬栽培の
農業を営むゴローくん。
(旅のコーディネートをありがとう!)

P2196357

フレッシュチーズ屋さん「月のチーズ」を営む
つっきー。


P3036597

このチーズがむっちゃむちゃうまい!!
日本ではめずらしいフロマージュブランもあります。

ananのお取り寄せ第二位に輝いたこともあります。
大人気で今やなかなか手に入りません。
おくだ、本気でおすすめです!

あ、ここで買えるみたいです!

「おおたさん、グリーンペッパー味がおすすめー」
「ぜったい買うわー」

P2206456

いろんな場所に
いろんな思い出があり
大事な人が遠くにいたり
近くにいたり。

人生を一年また一年と生きるたび
そんな記憶が増えていく。

長生きしたいもんです。

|

2012年3月 4日 (日)

北海道さとがえる(2)青春は牛

P2206385

はい!やってきたのは
紋別郡滝上(たきのうえ)町!

旭川から車でオホーツク方面に
2時間、
さのさんの青春の舞台です〜

P2206390

何が有名なんですか〜

え〜芝桜やな。

芝桜、ですか・・

あと、てん菜の栽培、酪農、林業やなー
それから国産ミントはほとんどこの町で作ってるでー


P2196339

青春の舞台って・・
サイロですか・・

「ところでようこさん、そんなコート持ってたか?」
「さっき通りがかりで買いました。
中島みゆきがコートは北海道で買えって言ってたので。」


P2196293

「お久しぶりです〜」
初めての就職先(住み込み)に訪問。
「ま〜よくきたね〜」

さのさんは北海道の農業高校をでたあと、
酪農実習生として牧場で働いていました。


P2196298

ちょっと、
さのさん・・
あれ・・


P2196299

子牛が一個ずつ入ってますよ!!!
カワユス!!
おおたさんに写メ!!


P2196300

めずらしいか〜?
カーフハッチゆうてな〜
病気防ぐために子牛は
こないすんねや〜

べろーん。
子牛、お話聞いてます。

P2196306

マイナス20℃なのに..
寒くないのかしら・・


P2196307

あ、牛が逃げた!

ダメー!!
ベー!べー!!

とっさに昔とった杵柄。


P2196309

いや〜10代を過ごしたとこやからな〜
色々恥ずかしいな〜

もう一軒お世話になった牧場行くで〜

P2196345

こんちわ〜


P2196348


おお!元気にしとったか〜!

はい!お久しぶりです〜!

ベストショットとれました。
再会ってすばらしい。


P2196301

何年も酪農修行して
独立したいなーと思った20代半ば、
農協に相談に行ったら
「嫁さん連れてきなさい」
と言われて酪農家の道をあきらめたそうです。

酪農は、家族経営やもんね・・

彼女は牛しかおらんかったのに
いきなり嫁さんってハードル高すぎるやろ・・」


|

2012年3月 3日 (土)

北海道さとがえる(1)賞金のゆくえ

P2186251

「新婚さんいらっしゃい」の感想。

「面白かったです!爆笑しました!」(九州の人)
「素敵な夫婦だなと思いました」(関東の人)(なんかすみません)
「賞金十万、何に使たん?」(関西の人)

賞金。。
生活費に回すのはあんまりよね。
ということで、
里帰りの旅費にしましょう!

飛行機とホテルで12万5千円。
赤字やがな・・

P2186242

少しの間、お仕事おやすみします!
おおたさん、お留守番ごめんね・・

P2186241

それにしてもさのさん、、、


P2186240

ちょっと!
さのさんって!!

俺は飛行機が好きなんや!
ほっといてくれ!!


P2186250

行き先は、北海道!
関西人で九州に住んでるわたしたちの里帰りが
なんでまた北海道。

まあ40年生きてたら、
いろんなとこにふるさとがある訳です。

「ええキャッチコピーやな〜」


P2186254

北の大地が見えてきて・・

「さのさん、北海道何年ぶりですか〜?」
「15年くらいかな〜」
「おくだは数年前にライジングサンで来てます。
けっこう詳しいですよ北海道。今は第3次アイヌブームですし。」
「北海道でいきたいとこありますか?」
「あるある!」

P2216544

セイコーマート。
(ワインがものすごい豊富)

あとホーマックも行きたいわ〜


P2186257

さのさんは〜?
俺はなあ、あ、ここや!


P2186263

蜂屋のラーメン。
なつかしな〜


P2196304

木こりのさのさんは
木こりの前は牛飼いでしたの。

15歳から10年以上を暮らした北海道。
お世話になったひとたちに挨拶にまわります。

おくだにとっても
新しい発見がいっぱいです。
しばし、おつきあいください。

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »